産後骨盤矯正

産後のお身体のトラブルで悩みではありませんか?

産後は、お身体のトラブルが起きやすい時期になります。 「肩こり、腰痛」「体型の崩れ」「下痢、便秘」などでお困りではありませんか? こちらのページでは、「産後に骨盤がどのような状態になるのか?」と、当院の施術メニュー「産後骨盤矯正」のメリットが分かるようにまとめてあります。 出産を機に体調の変化を感じていらっしゃる方は、ぜひ最後までご確認ください。

メニュー名を受ける方によくある症状

  • 産前の体型に早く戻したい

  • 妊娠中から腰痛を感じるようになった

  • 出産後から尿漏れしやすくなった

  • 産後の骨盤矯正はいつから始めたらよいのかを知りたい

産後の骨盤の状態について

産後に起こるお身体の不調は、主に骨盤の緩みや傾きから生じていると考えられます。
妊娠・出産を経て、骨盤はどのように変化していくのでしょうか?
また、骨盤の緩みによる影響もこちらで詳しく確認していきましょう。

【妊娠・出産による骨盤の変化】
妊娠して数ヶ月すると、リラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
骨盤周辺の靭帯を緩ませ、出産時に産道を広げる準備をするためです。
そして出産後は、女性ホルモンの作用で骨盤が元の位置に戻ろうとします。
しかし、産後は赤ちゃんの抱っこや授乳動作、家事など骨盤に負担のかかる動作が増えるため、骨盤が傾いた形で固まりやすいのです。

また、妊娠中に筋肉が引き伸ばされ、骨盤底筋群の筋力が低下することも、骨盤が緩んだ状態になる原因と考えられます。

※骨盤底筋群とは、その名の通り骨盤の底にある筋肉です。
腸や子宮を支える役割とともに、排尿をコントロールする働きもあります。

【産後の骨盤の緩みによって起こる症状】
・肩こり、腰痛
骨盤は上半身を支える土台部分です。
土台が不安定になると姿勢が崩れ、肩こりや腰痛に繋がりやすくなります。

・股関節、膝の痛み
骨盤は大腿骨と股関節を形成しています。
骨盤の傾きによって足にかかる荷重バランスが乱れ、股関節、膝の痛みに繋がりやすくなります。
また、妊娠、出産によって体重が大きく増減することも、足への負担が増える要因になってきます。

・下痢、便秘
骨盤の傾き、骨盤底筋群の緩みによって内臓の位置がずれると、機能低下を起こすおそれがあります。
腸の働きが悪くなり、下痢や便秘といった症状につながる可能性があります。

・体型の崩れ
産後は「内臓の機能低下」「骨盤バランスの崩れ」などから代謝が低下し、体型が元に戻りづらくなっています。
また、骨盤が開いていることで、お尻が大きく見えたり、お腹がぽっこり出て見えたりする場合もあります。

・冷え、むくみ
筋肉量の低下、血行不良によって、産後は足が冷えたり、むくんだりしやすくなります。

・尿漏れ
骨盤底筋群の緩みによって排尿のコントロールが難しくなり、尿漏れを起こしやすくなります。

産後骨盤矯正の特徴と改善が期待される症状について

産後は骨盤が緩み、身体の痛みや体型の変化、内臓の不調にも繋がりやすくなります。
こちらでは、当院の施術メニュー「産後骨盤矯正」がどのような施術なのかを、分かりやすくご紹介していきます。
産後は骨盤が緩んでしまいますが、これまでのバランスの崩れを改善するチャンスともいえます。
施術を始める適切な時期や、期待される効果もご紹介していますので、ぜひご確認ください。

【産後骨盤矯正とは】
産後骨盤矯正とは、妊娠、出産を経てバランスの崩れた骨盤を、正しい位置に戻していく施術になります。
当院では主に「SOT矯正テクニック」「トムソンテクニック」を使って、骨盤のバランスやねじれを改善していきます。

・SOT矯正テクニック
自重(患者様ご自身の重み)を用いて矯正を行う、痛みの少ない施術方法です。
くさび形のブロックを骨盤の下に置いて、しばらく寝ていただくと、骨盤から腰部まで広範囲が矯正されていきます。

・トムソンテクニック
不具合や可動異常のある椎骨(背骨)一つ一つにアプローチしていきます。
トムソンベッドと呼ばれる、特殊なベッドで関節に矯正を加えていきます。
刺激も弱く、痛みを感じにくい施術方法です。

【産後骨盤矯正はいつから受けたらよいのでしょうか?】
出産による身体のダメージがとれ、無理なく動けるようになりましたら、いつから受けていただいても構いません。

しかし、産後のなるべく早い時期に、施術を受けていただくことをおすすめしています。
個人差はありますが、産後約6ヶ月で骨盤が安定してくるといわれるためです。
骨盤が固まる前、周辺の筋肉が緩んでいる状態の方が矯正を加えやすくなっています。

※産婦人科の先生とも相談しながら、無理のない範囲で施術を受けるようにしてください。

【産後骨盤矯正によって改善が期待される症状・メリット】
腰椎前弯の有無・強弱による症状の改善を期待できます。

・肩こり、腰痛
土台である骨盤が整うため、上半身の緊張もとれやすくなります。
筋緊張、循環不足から生じる、肩こり、腰痛の改善を期待できます。

・股関節、膝の痛み
股関節や膝への荷重バランスが整い、関節への負担も軽減してくることが考えられます。

・下痢、便秘、生理不順
骨盤底筋群が締まると、消化器、生殖器の位置が整い、機能も回復してきます。
内臓の不調から生じる、下痢、便秘、生理不順といった症状の改善を期待できます。

・体型
骨盤矯正によって、骨盤まわりの引き締め効果も期待できます。

・尿漏れ
骨盤底筋群が締まると、排尿のコントロールも正常化してくることが考えられます。

つぼい接骨院【産後骨盤矯正】

お腹の赤ちゃんは十月十日(トツキトオカ)かけて成長します。その期間の成長に伴ってお母さんの体型の変化はもちろん、骨盤は開き、腰は反り腰に、腹筋が伸ばされたり、骨盤底筋が赤ちゃんを支えるなど、少しずつではあるものの、これまでの普通の日常生活とはかけ離れた負荷がかかり続けています。その期間のお母さんの体型変化は赤ちゃんを大地に成長させるためであり、逆に言うならばお腹に赤ちゃんがいてくれて成長していってくれているからこそ成立するものなのです。お母さんの体型をお腹の赤ちゃんが支えてくれているのです。ある日を境に赤ちゃんが生まれ変化した体型の支えがゼロになることで様々な症状が出てくるのです。妊娠期間中にも腰痛を自覚することが多くあります。体型を以前のように戻したい、腰痛やお尻の痛みを何とかしたい、とお考えになるのであれば、可能な限り早期に矯正を始めていただくことをお勧めします。産後の忙しさは予想以上で、お母さんが3人いても足りないくらいの忙しなさですが、ベストは出産直後から始めることです。放ったらかしにしておいてもある程度は戻りますが、妊娠前の体型や痛みのない状態に限りなく戻そうとお思いであれば、お早めにご相談下さい。

よくある質問 FAQ

著者 Writer

著者画像
(つぼい ともひこ)
院長:坪井 智彦
生年月日:昭和51年(1976年)7月2日
血液型:B型
出身地:茨城県土浦市
資格:柔道整復師
趣味:スポーツ観戦(陸上競技、野球、モータースポーツなどなど)、ドライブ、音楽鑑賞(ロック、洋楽)
得意な施術:身体の不調だけでなく、患者さまの気持ちになって不安な気持ちも解消させていただくよう気を付けております。

患者様へ一言
少しでも気になることが出てきたら
その時点でご連絡を!
様子を見すぎてひどい症状になる前に、
お気軽に是非ご来院ください!
 

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:つぼい接骨院
住所〒300-0834
茨城県土浦市小岩田東1-2-31
最寄「駅」:JR常磐線「土浦駅」「荒川沖駅」
最寄「バス停」:キララちゃんバス
         霞ヶ浦循環⑰番
         「スーパーハリガエ」下車30秒
         ⇒キララちゃんバスはこちら
駐車場駐車場6台あり
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
16:00〜
20:00
定休日: 水曜午後、土曜午後、日曜・祝日
水曜と土曜の午後、日曜は近隣の部活動現場でケアに出ております

【公式】つぼい接骨院 公式SNSアカウント

【公式】つぼい接骨院 公式SNSアカウント

【公式】つぼい接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています